み教え

黄檗宗

宗名 黄檗宗
宗祖 大光譜照国師隠元(1592〜1673)
本山 万福寺
本尊 釈迦如来
経典 般若心経
観音経
所在地 京都府宇治市五ケ庄三番割34

み教え

教えの特徴としては、人間が生まれながらにしてもっている仏心を、座禅行を行うことによって自らの力で見出し、仏陀と同様の境涯を体得させようとするもので、日常生活における一挙手一投足をし、往生浄土や念仏などの浄土教教義をあわせて説いて、念禅一致をはかる一方で、密教的要素も加味されています。

ご本尊と脇侍わきじ

唱名(お唱えの言葉)

しゃぶつ

黄檗宗の正しいお仏壇の心得

お仏壇の中心となる須弥壇しゅみだんにはご本尊を安置し、その元に亡き人やご先祖様そのものである位牌をお祀りします。お仏壇は小さな寺院とも言われ目に見えない浄土を形に表そうとしたものです。

また、お仏壇をどこにお祀りしなくてはならないという決まりはありません。

仏間や和室に限らず、手を合わせやすい場所に安置します。さらに、お仏壇の正面をどの方角に向ければ良いか気にされる方がいますが、あまり気にする必要はありません。

なぜなら、諸仏は方角を選ばず、あらゆる方角にいらっしゃるからです。

お仏壇の種類や形について決まりはありません、従来より多く求められているが唐木(紫檀系、黒檀、ケヤキ等、緻密で堅牢な木目が美しい)仏壇です。

最近では住環境の変化で、デザイン性に優れたおしゃれな八木研の現代仏壇の人気も高く、都市型家具調仏壇も好評です。

お仏壇を求めることは、家庭に心の灯がともるめでたい事です。

お寺様に来て頂き開眼かいげん供養くよう(俗に、魂入れと言ってます)をお勤めしましょう。

しゃぶつとは

南無は、「すべてお任せします」「その教えに従います」の意味で、釈迦牟尼仏とは、お釈迦様のこと。お釈迦様にすべてお任せし、従いますの意味です。

福岡のお仏壇・お仏具の専門店
株式会社 お仏壇のコガ

〒815-0082 福岡市南区大楠3丁目3-1 日赤病院横 Tel:092(521)4355(代表)
Copyright(c) 2009-2019 KOGA All Rights Reserved.